忍者ブログ
まず、最初に曲が流れますびっくりしないでくださいね      絵の練習、最近あったこと、もみ爺の普段の生活日記を書いたりしています。      基本ぐだぐだなブログですがどうぞよろしくお願いします。  日本語が時々危ういですけど、お目に見てやってくださいね・・・ こんなブログでよければゆっくりしていってくださいね。
プロフィール
HN:
もみ爺
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1992/07/12
職業:
専門学校生
趣味:
音楽やお絵描きとか
自己紹介:
一日の出来事とかをを書いていこうと思います。
少しでも暇つぶしの役に立てるのならうれしいです。
高校時代からこのブログが続いていて自分でもびっくりしています。
こんなブログですが、
これからものんびり更新していこうと思いますので
よろしくお願いします。
ミク時計
最新コメント
[03/26 もみ爺]
[03/26 猛禽類]
[04/16 NONAME]
[04/28 もみ爺]
[04/27 NONAME]
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、もみ爺です。

今日、朝からツーリングに行きました。

ですが、峠で転びバイクが傷だらけになってしまいました。



気付けばバイクが挟まっていました。

今回軽傷で済んだのは私自身が転ぶと思った瞬間に
とっさにバイクから手を放しバイクを蹴り飛ばして自分の体だけで路面を滑っていくようにし、バイクとの距離を取ったので、右手のひらと左足のすねあたりのかすり傷程度で済んだ見たいです。
バイク屋さんに持って行くとそういわれましたね。

もしそのままバイクにしがみ付いていたら骨とかがボキボキ、最悪は、亡き人になっていたかもしれません。



ちなみに付けていた手袋はこんな感じになっていました。

他にもズボン、上着をライダー用のプロテクターの入ったものでしっかりと固めていたから
今回の転倒で、擦り傷のみで済んだのかもしれません。

上着などは2か所ほど何かが貫通したような穴が空いていました、たぶん石とかでしょうね、


こんな感じの穴が開いていました。

ズボンはめちゃくちゃ路面と擦れていたのですが全くやぶけている場所がありませんでした。

バイク用のズボンには一緒にツーリングに来ていた皆さんもびっくりしていました。
もちろん私もびっくりしました。

路面には、お尻あたりから着地したみたいです。ズボンのお尻のボタンがすり減っていました。

身内のグループツーリングのような感じだったので、転んでからはほかの皆さんも、
わざわざ止まってくれて色々手伝ってくれたので本当に嬉しかったです。
「普通のツーリングではみんなほとんど無視していくよ、優しい人達ばかりで良かったね。」と警察の人から言われました。

この道はかなり転ぶ人が多い見たいです。

ですが、私のせいで予定が大きくずれてしまい、ほかの人がほとんど走ることが出来なくなってしまったので迷惑をかけてしまいました・・・。

本当に申し訳なく思います・・・。

何はともあれ軽傷で済んでよかったです。

私なりに安全面にお金をかけていて本当によかったと思っています。

今回の転倒で身をもって知ることになりました。

皆さんもバイクを乗る時はバイクの改造よりも安全面(服、ズボン、ヘルメッド)にお金をかけてから最終的にバイクの改造に手を出すようにしたほうがいいと私は思います。

どんなに装備を固めてもダメな時はダメでしょうけど、怪我のひどさはましになると思います。

たぶん、今回はズボンが破けなかったので、すねの擦り傷だけで済んだと思います。
ズボンが破けていたら血だらけで体がえぐれていたかもしれません。

これからバイクに乗る人やツーリングに行く人などの役にたてれたら良いなと思い日記に残すことにしました。

今回の転倒でバイク本体に、絶対走れない!というダメージは無いように思いますので。

修理ができればまた一人ツーリングの動画なども作って行こうかなと思っています。
では皆さんよいライダーライフを。

それではこの辺で。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
どの様にして転倒されたのでしょうか?
猛禽類 2016/03/26(Sat)00:44:47 編集
無題
カーブ中にふくらんでしまい
土でタイヤが滑って転倒。
路肩までスライディングのように
滑っていきました。
もみ爺 2016/03/26(Sat)05:32:34 編集
Copyright © 2008 もみ爺のブログ All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS